情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

 当社は、昭和62年2月に旭川市が、保健・医療・福祉分野の情報化を促進し、市民の乳幼児期から高齢期に至るまでの健康づくりと高度な保健医療サービスの提供に資する情報ネットワークシステム 構築によって保健福祉行政を側面から支援する法人として、自治体・医療関係団体・民間企業等より出資を受けて設立した第三セクター方式の株式会社です。

 市民の健康と命を守り、安全な暮らしの確立に貢献するための情報システムの開発・運用・保守を行っていくうえで、情報資産の適切な利用と徹底した管理、さらにそれらを遵守する社員教育が、当社の企業活動において 最も重要な責務・課題であると位置づけ、情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、検証・改善を継続していくことで、行政や顧客の信頼と満足度を高め、更なる市民サービスの向上に寄与するため、 情報セキュリティ基本方針を定め実践することを宣言します。